魚に多いことでよく知られるDHAとEPAです。健康にいいイメージがありますが、詳しくは分からない人も多いと思います。ここでは、DHAとEPAについての働きと、両者の違いをみていきます。
DHA、EPAはどちらもn-3系の多価不飽和脂肪酸です。構造が似ているため、働きも似ています。両方に共通する働きとして、中性脂肪、コレステロール低下に効果があることがあげられます。
しかし、どちらも独自性を持っています。

DHAは、脳や神経組織の発育に効果があります。脳は、体の大切な部分なため、薬や毒を通さないように血液脳関門という場所があります。EPAはそこを通れませんが、DHAは通過します。そのため、DHAは脳に効果的で、記憶力向上や認知症の改善にも効果があると言われています。育ち盛りの子どもたちにDHAが必要と言われるのはこのためです。
一方のEPAは、血栓を予防する効果がDHAに比べて高いと言われています。そのため、高脂血症予防や、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞予防に効果があります。
また、EPAには、GLP-1という痩せるホルモンの分泌を促す成分があります。EPAを摂取することで、血糖値が安定し、食欲を抑えることができます。そのためダイエットに効果的です。DHA EPAサプリメントですと簡単に摂ることができて便利です。

その他美肌効果や、ガン予防にも効果があるといわれています。
魚に多いDHAとEPAですが、魚によって、含まれる量が違います。
DHAは、マグロ、秋刀魚、サバなどに多く、EPAは、イワシに多く含まれます。
このように、健康に効果のあるDHAとEPAを毎日上手にとることが大切となります。